図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書の仕事内容

図書館司書の仕事というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

一般利用者が目にする司書の仕事は、やはりカウンターで利用者の相手をしているといったことでしょうか。図書館というのは静かな場所で、ばたばた忙しく駆け回る職員の姿を目にすることも普通はありませんので、結構楽な仕事だと思われがちかもしれません。

しかし実態はそれほど楽な仕事ではありません。カウンターでの返却・貸し出しというおなじみの仕事のほかに、予約の受け付けや連絡、利用者から調査を依頼されたり、書架の整理整頓、書誌データの作成、本や雑誌やビデオ・DVDなどの選定、受け入れなどなど。ほかに、地域住民のための読書会やお話会など行事の企画・運営というように、実に様々な業務があるのです。

定期的に蔵書の点検・整理も行われます。重い本を運ぶのは重労働です。それに、膨大な数の本や雑誌を一つ一つ丁寧に点検し、落書きや切り抜かれた部分があれば補修するというのは、非常に根気を要する仕事です。

図書館司書の仕事はカウンターに座っていればいいものではなく、体力と気力を必要とする仕事と言えますね。


図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書のニーズ

現在、またこれからの図書館司書のニーズというのはどれほどあるのでしょうか。

生涯学習に対する取り組みが広がりつつある中で、公立図書館や大学図書館の果たす役割は重要になってきています。当然図書館司書のニーズがそこにはあるはずですが、最近は臨時職員や派遣での採用も多くなっています。

企業内の資料室や専門図書館でのニーズは常にあるようで、ちょっと調べてみれば図書館司書の募集を目にすることができます。ただ、近年のIT技術の導入によって、人件費を増やさなくても業務が行えるようになっています。

小・中学校、高等学校で配置が義務化された司書教諭はもちろん全国で必要とされています。しかし、自治体や学校の都合もあって、司書教諭が大量に採用されているということはないようです。

これらのことから、図書館司書は必要とされており、特に有資格者のニーズというものは決してなくなりはしないものの、やはり大幅な採用の増加は見込めず、狭き門であることは確かなようです。

図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書に向いている人

どんな仕事にも向き不向きというものがあるものです。図書館司書に向いている人とはどのような人でしょうか。

まずは、本に囲まれて本を取り扱う仕事ですから、本が好きな人に向いていることは言うまでもありません。

その仕事内容は、データ整理や情報収集、蔵書の整理・点検・補修など、地道な作業が多いので、単純作業でも根気強く続けられる人、また整理整頓が苦にならない人に向いていると言えるかもしれません。

さらに、さまざまな利用者のニーズに対応するのですから、文学だけでなく、できるだけ広い分野に対する知識、教養が必要です。何か一つ、これのことなら何でも聞いて、と言えるぐらい自分の得意分野があるとなお良いですね。

そして、今持っている知識だけでなく、いろいろなジャンルに対する興味を持って勉強していける人、常に最新の情報を得るための努力を惜しまない人、とも言えるでしょうか。

また、図書館司書は本だけが相手の仕事ではなく、利用者という人間を相手にする仕事です。ですから他人とコミュニケーションを取ることができ、人と関わることが好きな人に向いている仕事でもあります。




図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書に求められる能力

図書館を有効に活用するために欠かせない存在である図書館司書という仕事。その図書館司書に求められる能力とはどのようなものがあるでしょうか。

私たちが図書館を利用する時というのはどのような時かを考えてみると、もちろん漠然と本を読みたいというときもありますが、何か特定の本を探していたり、何かについて調べたいときというのも多くありますね。けれど、自分が探しているものがどこにあるのか分からなかったり、時にはどんな本を調べればいいのかも分からない場合もあります。

そんなときは、図書館司書に尋ねてみます。図書館司書はどの本がどこに収納されているのかすべて把握していますし、雑誌や新聞なども含め、このことを調べるのならこの資料が役に立つといったようなアドバイスもしてくれます。どのような資料があるか調査もしてくれます。

こうした仕事を行う図書館司書には、豊富な知識はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力も求められます。そのためには研究熱心で、幅広いジャンルで最新の情報を取り入れることのできる柔軟さも必要です。コンピュータによる検索では補えないものが、図書館司書には求められるのかもしれません。



図書館司書の資格について

PageTop

図書館司書とは?

わたしたちは普段何気なく、都道府県や市町村その他、公共の図書館司書 通信教育を利用しています。

図書館には膨大な量の本や雑誌等が保管されていますが、閲覧したいと思うものをすぐに探し出すことができます。

それは、わたしたちに利用しやすいように図書館の環境を整えている人たちがいるからです。そのような仕事をしている人たちを「図書館司書」と呼びます。

図書館司書が本や雑誌、新聞などの出版物からさまざまな資料を集め、分類・整理をしてくれているおかげで、利用者はスムーズに必要なもの、読みたいものを探し出すことができるのです。

ただし、図書館にいる人がみな図書館司書 資格というわけではありません。正式な定義としては「図書館法によって規定された資格を有する図書館専門職員」を指して図書館司書いいます。

ほかに、学校図書館の専門的職務を行う人は、司書教諭あるいは学校司書と呼ばれます。

最近では図書館に収蔵されているものは、本や雑誌等の出版物だけではなく、CDやビデオテープ、あるいはDVDなども多くなり、図書館司書がそれらの管理も行っています。

また、ITの導入によって、蔵書や貸し出しなどの検索、データ管理などをパソコンで行うところが非常に多くなってきています。図書館司書はそのような作業も行っています。

その他、利用者の相談に乗ったり、読書会、映画会などを開くことも、図書館司書の仕事だということです。


図書館司書の資格について

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。