図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館司書の需要

図書館司書の需要というのは、どれほどあるものなのでしょうか。

近年、シャンピニオンにおいて図書館司書を配置するよう義務付けられたこともあり、若干は需要が伸びているようです。

それでもやはり、図書館司書の需要枠というのはさほど大きくはないというのが現状です。

学校に司書を置くことは一応義務付けられてはいますが、配置しても各学校に1名程度ですから、大々的な採用も見込めません。

公立図書館の図書館司書の採用は各地方自治体ごとに行われますが、これもやはり同じような状況で、毎年採用試験があるとも限らないようです。

ただ、需要が小さいからといって、決して図書館司書が必要とされていないというわけではありません。意外と人気のある職業で、なりたくてなった人が多いので、図書館司書の離職率が低いといったほうが正確かもしれません。

そのため新規の採用枠はほとんどなく、たまに募集があったとしても産休などの代替として臨時採用ということが多いようです。

しかし、図書館司書を必要としているのは公立の図書館だけではありません。例えば民間企業の資料室でも、図書館司書を配置する場合がありますので、公立の図書館にこだわらなければ需要はまだあるものと思われます。


図書館司書 資格 Guide
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。