図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書の仕事内容

図書館司書の仕事というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

一般利用者が目にする司書の仕事は、やはりカウンターで利用者の相手をしているといったことでしょうか。図書館というのは静かな場所で、ばたばた忙しく駆け回る職員の姿を目にすることも普通はありませんので、結構楽な仕事だと思われがちかもしれません。

しかし実態はそれほど楽な仕事ではありません。カウンターでの返却・貸し出しというおなじみの仕事のほかに、予約の受け付けや連絡、利用者から調査を依頼されたり、書架の整理整頓、書誌データの作成、本や雑誌やビデオ・DVDなどの選定、受け入れなどなど。ほかに、地域住民のための読書会やお話会など行事の企画・運営というように、実に様々な業務があるのです。

定期的に蔵書の点検・整理も行われます。重い本を運ぶのは重労働です。それに、膨大な数の本や雑誌を一つ一つ丁寧に点検し、落書きや切り抜かれた部分があれば補修するというのは、非常に根気を要する仕事です。

図書館司書の仕事はカウンターに座っていればいいものではなく、体力と気力を必要とする仕事と言えますね。


図書館司書の資格について
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。