図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書に向いている人

どんな仕事にも向き不向きというものがあるものです。図書館司書に向いている人とはどのような人でしょうか。

まずは、本に囲まれて本を取り扱う仕事ですから、本が好きな人に向いていることは言うまでもありません。

その仕事内容は、データ整理や情報収集、蔵書の整理・点検・補修など、地道な作業が多いので、単純作業でも根気強く続けられる人、また整理整頓が苦にならない人に向いていると言えるかもしれません。

さらに、さまざまな利用者のニーズに対応するのですから、文学だけでなく、できるだけ広い分野に対する知識、教養が必要です。何か一つ、これのことなら何でも聞いて、と言えるぐらい自分の得意分野があるとなお良いですね。

そして、今持っている知識だけでなく、いろいろなジャンルに対する興味を持って勉強していける人、常に最新の情報を得るための努力を惜しまない人、とも言えるでしょうか。

また、図書館司書は本だけが相手の仕事ではなく、利用者という人間を相手にする仕事です。ですから他人とコミュニケーションを取ることができ、人と関わることが好きな人に向いている仕事でもあります。




図書館司書の資格について
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。