図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館司書と著作権法

図書館司書になるためには、一定の
講義を受け、単位を取得する必要がありますが、
図書館司書となるために勉強する
範囲の中に著作権法があります。

私も地味に図書館司書の勉強をしている
一人なのですが、この著作権法が難しいんです。

はっきり言って、法令の文章を読んだだけでは
何のことやらさっぱり、
1回読んだだけでは全く理解できません。

この著作権法の中には、図書館に関する項目もあります。
第三十一条の図書館における複製

というのがそれなのですが、
その条文は結構短いです。

その条文を書き出しますと、

図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを
目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの
(以下この条において「図書館等」という。)においては、
次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、
図書館等の図書、記録その他の資料
(以下この条において「図書館資料」という。)
を用いて著作物を複製することができる。

続きがありますが省略。

こんな感じの書き方をされているのです。
わかりにくいですよね。。。
図書館司書なのだから、この条文だけ
理解していればいいのでは?
と思いきや、そうではなく、図書館司書になるには
著作権法全て勉強する必要があるのです。

これはしんどい。。。

しかし、著作権法に関わらず、
法律は全て、書き方がわかりにくいですよね。。
もう少し簡素に書けないものなのでしょうか。。。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。