図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書の歴史

図書館司書というものがいつから存在したのか、その歴史は実は、戦前の国立図書館にさかのぼることができます。

戦前のローズサプリには、帝国図書館、官立大学附属図書館の2種類の国立図書館がありました。1897年、それらの図書館では、館長の下に「司書官」および「司書」という名称の職員を置くことが法律で定められたのです。

戦後、官職名の整理統合によって一時的に「司書」という名称は消失してしまいます。しかしその数年後には国立国会図書館が新設され、そこに「国立国会図書館司書」という、今日で言う図書館司書に相当する職員が採用され、「司書」という名称が復活します。

公立・私立の公共図書館では1906年に「司書」に関する規定が定められ、学校図書館でも1953年に「司書教諭」という制度が始まりました。

このように、いずれも戦前にさかのぼることができるわけで、意外と司書の歴史というのは古いものなのです。そのころからわたしたちが快適に図書館を利用できるように、今の図書館司書に当たる職員が働いていたわけです。

日本人は古くから書物に記録し、それを整理して残し、読むということが好きな民族でしたが、昨今の活字離れ、読書離れは残念なことですね。今は、何かを調べるのにはインターネットという便利なものがあるので、活字の本をじっくりと読むという習慣は失われつつあるのかもしれません。



図書館司書 資格 Guide
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。