図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書の職場:国立図書館

部分痩せの職場として、まず国立国会図書館があります。

国立国会図書館の設立は昭和23年、「国立国会図書館法」に基づいて設立されたのですが、その前身は、戦前の帝国図書館、衆議院図書館、貴族院図書館の3館にさかのぼります。

国立国会図書館は単一の図書館ではなく、中央の図書館と支部図書館から構成されています。中央の図書館は東京本館と関西館があり、支部図書館には国際子ども図書館、東洋文庫、行政および司法の各部門に置かれる図書館があります。

国立国会図書館は文字通り国会に属するもので、国会の立法行為を補佐することがもちろん第一義です。しかし、国立国会図書館は国内で刊行されるありとあらゆる本や雑誌・新聞等、すべての出版物を収集し、後世に残すという趣旨のもと文化財として保存しており、日本唯一の法定納本図書館でもあります。

そのため国会のみならず、行政・司法の各部門や国民に対しても、蔵書の閲覧や複写などのサービスを提供しています。

先に述べたように国立国会図書館は国会に属する機関ですから、そこの職員は国会職員ということになり、つまり図書館司書も国家公務員になるのです。非常勤職員であっても国家公務員ということです。

図書館司書 資格 Guide
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

図書館

図書館図書館(としょかん)とは、図書、雑誌、視聴覚資料、点字資料、録音資料等のメディア (媒体)|メディアや情報資料を収集、保管し、利用者への提供等を行う施設もしくは機関である。概要実物資料を中心に扱う博物館、非定型的文書資料を中心に扱う公

ひなの日記 2007年10月05日(Fri) 06:24


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。