図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

学校の図書館司書のお仕事って??

私の直接の友人ではないのですが、
知人の一人が学校の図書館司書として働いて
いた経験があるという話を聞きました。

先日友人の結婚披露宴で会ったのですが、、、。

ご自分が結婚するまで7年ほど、2年くらい前
まで図書館司書として働いていたんですって
うらやまし~

興味津々の私は色々聞いてきました。

彼女が配属されていたのは小学校だったようです。
小学校の図書館司書はなかなか楽しかった
そうですが、

子供たちに本に興味をもってもらうというのが
結構大変だったみたいです。
そこは図書館司書、うでの見せ所
なわけですが、
色々質問しにきてくれるのはいいが、たいてい
本の話ではなかったみたいです。
普通に相談をしに来たり、お話をしに来たり
なんですって。

そこで、図書館司書の彼女が考えた方法の一つが、
休み時間など、子供たちが図書室に来る時間は
必ず何かしら本を手にしていたそうです。
時には自分で読んだりして

すると、子供たちは
「その本面白いの?」となるんですって
面白いですね~

決して無理強いはせず、興味を惹く・・・
難しいことです。

スポンサーサイト

PageTop

公立図書館の予算

図書館司書の仕事の一つに資料の選定
というものがあります。

これは決められた予算内で、図書館に導入する
資料(書籍)を選ぶという大切な
仕事なのですが、

最近は、特に市町村などが運営する
公立図書館で、予算が削減され、
なかなか必要な資料がそろえられない現状
であるという図書館が多いと聞きます。

図書館司書はもちろん予算内で、資料を選定
しなくてはいけませんから、頭を悩ませて
しまうところですよね~

こういう現状からか、最近では、同じ地域の
いくつかの図書館がネットワークを作り、
ネットワークを結んだ図書館内の書籍ならば
どれでも借りることが出来るようなサービスを
行っている地域が目立ってきています。

これにより、図書館司書は、
利用者が別の図書館の蔵書を借りたいと
言った場合、その手配などをするという
仕事も増えたわけですが、
資料の選定なども合同で、いくつかの図書館の
図書館司書が集まって行い、
少ない予算内で、分担して資料を購入することで
予算が少ないための資料不足という問題を
カバーできるようになったのだと
思います。

しかし、図書館の予算が減らされていくというのは
悲しいことですが・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。