図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館司書をして得られるもの

仕事をするということは、金銭以外にも何かしら得るところがあるものです。その業務に就くことで、学べることというものがあるはずです。

例えば営業の仕事であれば、他人との関わり方や顧客心理というものを学ぶことでしょう。

自動車整備の仕事であれば整備の仕方だけでなく、自動車そのものについての知識を得るのではないでしょうか。

では図書館司書という仕事から得られるものとは何かといえば、それはやはり本に関する知識といえるでしょう。

図書館には本や雑誌だけでなく、CDやビデオ、最近ではDVDといったものもありますから、そのようなものに関しての知識もさらに広がることでしょう。

また、それらに関して最新の情報をいち早く入手し、利用者に伝えていくのも図書館司書の務めですので、図書館司書自身が「歩く図書館」と呼ばれるような知識を得ることが可能です。

さらに、利用者の相談に乗ったり、本を通じて子供たちに活字の大切さ、読書の素晴らしさを伝えるといった活動を通して、利用者や地域の人々と心の通い合う交流を持つこともできます。


図書館司書 資格 Guide

スポンサーサイト

PageTop

図書館 司書の歴史

図書館司書というものがいつから存在したのか、その歴史は実は、戦前の国立図書館にさかのぼることができます。

戦前のローズサプリには、帝国図書館、官立大学附属図書館の2種類の国立図書館がありました。1897年、それらの図書館では、館長の下に「司書官」および「司書」という名称の職員を置くことが法律で定められたのです。

戦後、官職名の整理統合によって一時的に「司書」という名称は消失してしまいます。しかしその数年後には国立国会図書館が新設され、そこに「国立国会図書館司書」という、今日で言う図書館司書に相当する職員が採用され、「司書」という名称が復活します。

公立・私立の公共図書館では1906年に「司書」に関する規定が定められ、学校図書館でも1953年に「司書教諭」という制度が始まりました。

このように、いずれも戦前にさかのぼることができるわけで、意外と司書の歴史というのは古いものなのです。そのころからわたしたちが快適に図書館を利用できるように、今の図書館司書に当たる職員が働いていたわけです。

日本人は古くから書物に記録し、それを整理して残し、読むということが好きな民族でしたが、昨今の活字離れ、読書離れは残念なことですね。今は、何かを調べるのにはインターネットという便利なものがあるので、活字の本をじっくりと読むという習慣は失われつつあるのかもしれません。



図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の年収

一口に太もも セルライト 除去
といっても、公立図書館で働く公務員という身分の図書館司書と、民間企業の資料室等で働く図書館司書とでは、その収入に違いが出てくるのは致し方ありません。

また、最近では図書館司書を「派遣」で採用する例が非常に増えています。派遣の場合ですと時給制になりますが、普通のアルバイトなどの時給と比べれば、結構良い時給が出るようです。

一般に派遣社員の場合、時給900円から1,700円と、時給としてはそこそこ高いものが出ます。また、公務員として採用されれば、賞与が4、5か月分もらえることになります。

それでも、図書館司書の年収はおよそ200万円程度になってしまいます。資格の必要な専門職で、仕事内容も多岐にわたるということを考えれば、年収は決して高くないと言えましょう。

それでも本が好きでこの図書館司書を目指し、実現した人たちというのは、やはり金銭以外の魅力を図書館司書という仕事に感じているのでしょう。自分の好きなものに囲まれて、自分の望んだ仕事に就ける人というのはそう多くはありませんものね。

図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の職場:大学図書館

図書館司書の職場の一つに、大学図書館があります。

大学図書館とは、大学のキャンパス内に設置された図書館のことです。

現在、図書館のない大学というのはほとんどないと思われます。それだけ多くの図書館司書が大学図書館で働いているということになります。

大学図書館の蔵書は、学生の勉強や教授たちの研究に役立つもの以外に、その地域に密着した貴重な資料が所蔵されていることも多くあります。そのため、地域に開かれた大学という観点から、地域の公共図書館との連携を模索している大学も出てきました。

現在の大学図書館の特徴としては、多くの大学でオンラインシステムが整っており、必要な資料や読みたい本がすぐ見つけられるようになっています。

また、近年学生の年齢層が非常に幅広くなってきているという特徴もあります。一度社会に出た後、大学で勉強する人が多くなっているからですが、この傾向は団塊の世代の退職に伴ってさらに拡大することが予想されます。

そのようなことから、大学図書館の役割は今後ますます重要になると思われ、大学図書館で働く図書館司書がそれを担うことになるのです。

図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の職場:国立図書館

部分痩せの職場として、まず国立国会図書館があります。

国立国会図書館の設立は昭和23年、「国立国会図書館法」に基づいて設立されたのですが、その前身は、戦前の帝国図書館、衆議院図書館、貴族院図書館の3館にさかのぼります。

国立国会図書館は単一の図書館ではなく、中央の図書館と支部図書館から構成されています。中央の図書館は東京本館と関西館があり、支部図書館には国際子ども図書館、東洋文庫、行政および司法の各部門に置かれる図書館があります。

国立国会図書館は文字通り国会に属するもので、国会の立法行為を補佐することがもちろん第一義です。しかし、国立国会図書館は国内で刊行されるありとあらゆる本や雑誌・新聞等、すべての出版物を収集し、後世に残すという趣旨のもと文化財として保存しており、日本唯一の法定納本図書館でもあります。

そのため国会のみならず、行政・司法の各部門や国民に対しても、蔵書の閲覧や複写などのサービスを提供しています。

先に述べたように国立国会図書館は国会に属する機関ですから、そこの職員は国会職員ということになり、つまり図書館司書も国家公務員になるのです。非常勤職員であっても国家公務員ということです。

図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の職場:学校図書館

図書館司書の職場、図書館。図書館といって公立図書館と同じくらい思い浮かべることが多いのは、学校図書館ではないでしょうか。

学校図書館とは、小学校・中学校、そして高等学校の学校内に設けられている図書館のことで、図書室という名前で呼ばれているところも多いですね。

学校図書館では、ただ子供が本を読むというだけでなく、子供の自立を促し、自主性を養うことや、情報教育をするといった役割もあるのです。そのため学校図書館は図書館であると同時に学習センターであり情報センターでもあると言われています。

この学校図書館の司書になるのは、現在少々大変な状況にあるようです。というのは、以前は学校図書館への図書館司書の配置は義務ではなく、自治体によって「学校図書館司書」が配置されていたところもあるのですが、平成15年に、基本的に「司書教諭」の配置が各学校に義務づけられたのです。

司書教諭は学校図書館司書と違い、司書資格だけでなく教員免許も必要なのです。そして多くの学校では司書教諭は図書館の仕事専任ではなく、学級担任を持ったり通常の教師の仕事もしながら、並行して図書館司書としての仕事もするという立場にあります。

学校図書館の役割は非常に大きなものがありますから、今後さらにより良い形を模索していってほしいですね。


図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館司書の需要

図書館司書の需要というのは、どれほどあるものなのでしょうか。

近年、シャンピニオンにおいて図書館司書を配置するよう義務付けられたこともあり、若干は需要が伸びているようです。

それでもやはり、図書館司書の需要枠というのはさほど大きくはないというのが現状です。

学校に司書を置くことは一応義務付けられてはいますが、配置しても各学校に1名程度ですから、大々的な採用も見込めません。

公立図書館の図書館司書の採用は各地方自治体ごとに行われますが、これもやはり同じような状況で、毎年採用試験があるとも限らないようです。

ただ、需要が小さいからといって、決して図書館司書が必要とされていないというわけではありません。意外と人気のある職業で、なりたくてなった人が多いので、図書館司書の離職率が低いといったほうが正確かもしれません。

そのため新規の採用枠はほとんどなく、たまに募集があったとしても産休などの代替として臨時採用ということが多いようです。

しかし、図書館司書を必要としているのは公立の図書館だけではありません。例えば民間企業の資料室でも、図書館司書を配置する場合がありますので、公立の図書館にこだわらなければ需要はまだあるものと思われます。


図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の資格とは?

図書館司書の資格を略してメソセラピー 効果と言われています。耳にしたことのない人もいるかもしれませんが、これはどのような資格なのでしょうか。

図書館司書の資格ですから、当然司書になるために必要な資格だ、というと実は違うのです。大学図書館、専門図書館、それに国立国会図書館でも、そこで勤務するのに法律上は司書資格は必要ではありません。

しかしもちろん、図書館司書の仕事に就くのは狭き門。全国の大学図書館や企業などでも、図書館司書の採用条件に司書資格を持っていることを挙げているところは少なくありませんから、司書資格を持っているほうが有利であることは言うまでもありません。

ところが、各地方自治体の公立図書館では、図書館司書資格を持っていることが必要なのです。さらに、司書教諭になるためにも教員免許に加えて司書資格が必要です。

つまり公立図書館の図書館司書、あるいは司書教諭になるためには絶対必要ですが、それ以外では絶対必要なわけではないという不思議な資格です。

けれどもし、本当に図書館司書を目指すならば、司書資格はやはり取っておくに越したことはありません。

図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の仕事内容

図書館司書の仕事というと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

一般利用者が目にする司書の仕事は、やはりカウンターで利用者の相手をしているといったことでしょうか。図書館というのは静かな場所で、ばたばた忙しく駆け回る職員の姿を目にすることも普通はありませんので、結構楽な仕事だと思われがちかもしれません。

しかし実態はそれほど楽な仕事ではありません。カウンターでの返却・貸し出しというおなじみの仕事のほかに、予約の受け付けや連絡、利用者から調査を依頼されたり、書架の整理整頓、書誌データの作成、本や雑誌やビデオ・DVDなどの選定、受け入れなどなど。ほかに、地域住民のための読書会やお話会など行事の企画・運営というように、実に様々な業務があるのです。

定期的に蔵書の点検・整理も行われます。重い本を運ぶのは重労働です。それに、膨大な数の本や雑誌を一つ一つ丁寧に点検し、落書きや切り抜かれた部分があれば補修するというのは、非常に根気を要する仕事です。

図書館司書の仕事はカウンターに座っていればいいものではなく、体力と気力を必要とする仕事と言えますね。


図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書のニーズ

現在、またこれからの図書館司書のニーズというのはどれほどあるのでしょうか。

生涯学習に対する取り組みが広がりつつある中で、公立図書館や大学図書館の果たす役割は重要になってきています。当然図書館司書のニーズがそこにはあるはずですが、最近は臨時職員や派遣での採用も多くなっています。

企業内の資料室や専門図書館でのニーズは常にあるようで、ちょっと調べてみれば図書館司書の募集を目にすることができます。ただ、近年のIT技術の導入によって、人件費を増やさなくても業務が行えるようになっています。

小・中学校、高等学校で配置が義務化された司書教諭はもちろん全国で必要とされています。しかし、自治体や学校の都合もあって、司書教諭が大量に採用されているということはないようです。

これらのことから、図書館司書は必要とされており、特に有資格者のニーズというものは決してなくなりはしないものの、やはり大幅な採用の増加は見込めず、狭き門であることは確かなようです。

図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書に向いている人

どんな仕事にも向き不向きというものがあるものです。図書館司書に向いている人とはどのような人でしょうか。

まずは、本に囲まれて本を取り扱う仕事ですから、本が好きな人に向いていることは言うまでもありません。

その仕事内容は、データ整理や情報収集、蔵書の整理・点検・補修など、地道な作業が多いので、単純作業でも根気強く続けられる人、また整理整頓が苦にならない人に向いていると言えるかもしれません。

さらに、さまざまな利用者のニーズに対応するのですから、文学だけでなく、できるだけ広い分野に対する知識、教養が必要です。何か一つ、これのことなら何でも聞いて、と言えるぐらい自分の得意分野があるとなお良いですね。

そして、今持っている知識だけでなく、いろいろなジャンルに対する興味を持って勉強していける人、常に最新の情報を得るための努力を惜しまない人、とも言えるでしょうか。

また、図書館司書は本だけが相手の仕事ではなく、利用者という人間を相手にする仕事です。ですから他人とコミュニケーションを取ることができ、人と関わることが好きな人に向いている仕事でもあります。




図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書に求められる能力

図書館を有効に活用するために欠かせない存在である図書館司書という仕事。その図書館司書に求められる能力とはどのようなものがあるでしょうか。

私たちが図書館を利用する時というのはどのような時かを考えてみると、もちろん漠然と本を読みたいというときもありますが、何か特定の本を探していたり、何かについて調べたいときというのも多くありますね。けれど、自分が探しているものがどこにあるのか分からなかったり、時にはどんな本を調べればいいのかも分からない場合もあります。

そんなときは、図書館司書に尋ねてみます。図書館司書はどの本がどこに収納されているのかすべて把握していますし、雑誌や新聞なども含め、このことを調べるのならこの資料が役に立つといったようなアドバイスもしてくれます。どのような資料があるか調査もしてくれます。

こうした仕事を行う図書館司書には、豊富な知識はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力も求められます。そのためには研究熱心で、幅広いジャンルで最新の情報を取り入れることのできる柔軟さも必要です。コンピュータによる検索では補えないものが、図書館司書には求められるのかもしれません。



図書館司書の資格について

PageTop

図書館司書とは?

わたしたちは普段何気なく、都道府県や市町村その他、公共の図書館司書 通信教育を利用しています。

図書館には膨大な量の本や雑誌等が保管されていますが、閲覧したいと思うものをすぐに探し出すことができます。

それは、わたしたちに利用しやすいように図書館の環境を整えている人たちがいるからです。そのような仕事をしている人たちを「図書館司書」と呼びます。

図書館司書が本や雑誌、新聞などの出版物からさまざまな資料を集め、分類・整理をしてくれているおかげで、利用者はスムーズに必要なもの、読みたいものを探し出すことができるのです。

ただし、図書館にいる人がみな図書館司書 資格というわけではありません。正式な定義としては「図書館法によって規定された資格を有する図書館専門職員」を指して図書館司書いいます。

ほかに、学校図書館の専門的職務を行う人は、司書教諭あるいは学校司書と呼ばれます。

最近では図書館に収蔵されているものは、本や雑誌等の出版物だけではなく、CDやビデオテープ、あるいはDVDなども多くなり、図書館司書がそれらの管理も行っています。

また、ITの導入によって、蔵書や貸し出しなどの検索、データ管理などをパソコンで行うところが非常に多くなってきています。図書館司書はそのような作業も行っています。

その他、利用者の相談に乗ったり、読書会、映画会などを開くことも、図書館司書の仕事だということです。


図書館司書の資格について

PageTop

図書館 司書ってどういう仕事なの?

図書館司書という存在は、よく図書館を利用する人間にとってはおなじみなのですが、実際どういう仕事をしているかというと、まだ一般にはあまり知られていないのかもしれません。

では、図書館司書とは、どのような仕事を行うものなのでしょうか。

まず利用者が目にするものとして、カウンターで貸し出しや返却の受け付けをするという仕事があります。

ほかに、刊行された本や雑誌などについての情報を集め、必要なものを収集します。それからそうした本、雑誌、新聞などを登録し、分類・整理して収納し、利用者が必要なものを見つけやすいようにしなければなりません。CDやビデオテープ、DVDについても同様です。このような仕事のために、コンピュータでの作業もあります。

また、蔵書の点検・補修作業もあります。古くなった本が自然と傷んでくるだけではありません。モラルに欠ける利用者も多く、公共のものであるにもかかわらず、図書館の本や雑誌に書き込みや落書きをしたり、切り取ったりしてしまう人がいるのです。そのような本の補修をしなければならないのです。書架も人々が使えば乱れてきますから、その整理も日常的にする必要があります。まさにエンドレスな仕事が多いですね。

図書館司書の資格について

PageTop

司書補の主な職務内容

学校の図書館や市町村の公立図書館、大学の図書館などの公共図書館には、図書館法に基づいて司書補が置かれています。では、司書補の職務内容とはどのようなものでしょうか。

司書補の職務内容は、読んで字のごとく図書館司書の補助をするのがその仕事です。図書館司書の仕事は専門職。ですからその補助をする司書補の仕事も専門職なのです。

主な仕事内容としては、要するに図書館司書とほぼ同じです。カウンターで行う貸し出し・返却・予約の受け付けやレファレンスのほか、書架整理、コンピュータによる書誌データ作成、図書やAV資料の選定・受け入れ、読書会などの行事の企画・運営等、図書館におけるスペシャリストとして活躍しています。

立派な専門職ですから、「司書補」の資格を持った人たちがその職に就いています。図書館司書の「補助」だからといって、“コピーやお茶くみ”のような雑用をするわけではないのです。だからこそ、司書補としての経験が2年以上あれば、司書講習を受けて図書館司書の資格を取得することも可能なのです。


図書館司書の資格について

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。