図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

図書館 司書の職場:国立図書館

部分痩せの職場として、まず国立国会図書館があります。

国立国会図書館の設立は昭和23年、「国立国会図書館法」に基づいて設立されたのですが、その前身は、戦前の帝国図書館、衆議院図書館、貴族院図書館の3館にさかのぼります。

国立国会図書館は単一の図書館ではなく、中央の図書館と支部図書館から構成されています。中央の図書館は東京本館と関西館があり、支部図書館には国際子ども図書館、東洋文庫、行政および司法の各部門に置かれる図書館があります。

国立国会図書館は文字通り国会に属するもので、国会の立法行為を補佐することがもちろん第一義です。しかし、国立国会図書館は国内で刊行されるありとあらゆる本や雑誌・新聞等、すべての出版物を収集し、後世に残すという趣旨のもと文化財として保存しており、日本唯一の法定納本図書館でもあります。

そのため国会のみならず、行政・司法の各部門や国民に対しても、蔵書の閲覧や複写などのサービスを提供しています。

先に述べたように国立国会図書館は国会に属する機関ですから、そこの職員は国会職員ということになり、つまり図書館司書も国家公務員になるのです。非常勤職員であっても国家公務員ということです。

図書館司書 資格 Guide

スポンサーサイト

PageTop

図書館 司書の資格とは?

図書館司書の資格を略してメソセラピー 効果と言われています。耳にしたことのない人もいるかもしれませんが、これはどのような資格なのでしょうか。

図書館司書の資格ですから、当然司書になるために必要な資格だ、というと実は違うのです。大学図書館、専門図書館、それに国立国会図書館でも、そこで勤務するのに法律上は司書資格は必要ではありません。

しかしもちろん、図書館司書の仕事に就くのは狭き門。全国の大学図書館や企業などでも、図書館司書の採用条件に司書資格を持っていることを挙げているところは少なくありませんから、司書資格を持っているほうが有利であることは言うまでもありません。

ところが、各地方自治体の公立図書館では、図書館司書資格を持っていることが必要なのです。さらに、司書教諭になるためにも教員免許に加えて司書資格が必要です。

つまり公立図書館の図書館司書、あるいは司書教諭になるためには絶対必要ですが、それ以外では絶対必要なわけではないという不思議な資格です。

けれどもし、本当に図書館司書を目指すならば、司書資格はやはり取っておくに越したことはありません。

図書館司書 資格 Guide

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。