図書館司書に必須の資格と講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

働きたい!!マンガ図書館

図書館司書に興味のある私は
本がもちろん大好きなんですが、
普通の本ももちろんなんだけど、マンガも
大好きなんです。

そんな私が興味津々の図書館が・・・

和歌山県の有田川町立金屋図書館
というところなんだけれども、
とりあえず、既存の施設を利用するらしいのですが、
将来的には独立したマンガ図書館を作る
という計画があるみたいなんです!!

マンガに関する知識なら、多分人よりはあると
思うので、図書館司書として働けたら
利用者からの質問に答えたりという
仕事であれば、結構お役に立てるかと・・・。

どの程度の規模になるのかなどは
わからないんだけれど、非常に興味があります。

図書館には色々あって、専門図書館と
呼ばれるものには、このマンガ図書館のような
感じで、色々な分野の専門の図書館というのも
あります。

やっぱり図書館司書になることが出来たら、
あらゆる本が置いてある、一般の図書館で
働きたいと思っていますが、

公立の普通の図書館でなければ、
マンガ図書館で図書館司書として働くことが
出来たらどんなに楽しいだろう・・・と
思ってます。

というか、行ってみたいな~

スポンサーサイト

PageTop

学校の図書館司書のお仕事って??

私の直接の友人ではないのですが、
知人の一人が学校の図書館司書として働いて
いた経験があるという話を聞きました。

先日友人の結婚披露宴で会ったのですが、、、。

ご自分が結婚するまで7年ほど、2年くらい前
まで図書館司書として働いていたんですって
うらやまし~

興味津々の私は色々聞いてきました。

彼女が配属されていたのは小学校だったようです。
小学校の図書館司書はなかなか楽しかった
そうですが、

子供たちに本に興味をもってもらうというのが
結構大変だったみたいです。
そこは図書館司書、うでの見せ所
なわけですが、
色々質問しにきてくれるのはいいが、たいてい
本の話ではなかったみたいです。
普通に相談をしに来たり、お話をしに来たり
なんですって。

そこで、図書館司書の彼女が考えた方法の一つが、
休み時間など、子供たちが図書室に来る時間は
必ず何かしら本を手にしていたそうです。
時には自分で読んだりして

すると、子供たちは
「その本面白いの?」となるんですって
面白いですね~

決して無理強いはせず、興味を惹く・・・
難しいことです。

PageTop

図書館司書をして得られるもの

仕事をするということは、金銭以外にも何かしら得るところがあるものです。その業務に就くことで、学べることというものがあるはずです。

例えば営業の仕事であれば、他人との関わり方や顧客心理というものを学ぶことでしょう。

自動車整備の仕事であれば整備の仕方だけでなく、自動車そのものについての知識を得るのではないでしょうか。

では図書館司書という仕事から得られるものとは何かといえば、それはやはり本に関する知識といえるでしょう。

図書館には本や雑誌だけでなく、CDやビデオ、最近ではDVDといったものもありますから、そのようなものに関しての知識もさらに広がることでしょう。

また、それらに関して最新の情報をいち早く入手し、利用者に伝えていくのも図書館司書の務めですので、図書館司書自身が「歩く図書館」と呼ばれるような知識を得ることが可能です。

さらに、利用者の相談に乗ったり、本を通じて子供たちに活字の大切さ、読書の素晴らしさを伝えるといった活動を通して、利用者や地域の人々と心の通い合う交流を持つこともできます。


図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の職場:大学図書館

図書館司書の職場の一つに、大学図書館があります。

大学図書館とは、大学のキャンパス内に設置された図書館のことです。

現在、図書館のない大学というのはほとんどないと思われます。それだけ多くの図書館司書が大学図書館で働いているということになります。

大学図書館の蔵書は、学生の勉強や教授たちの研究に役立つもの以外に、その地域に密着した貴重な資料が所蔵されていることも多くあります。そのため、地域に開かれた大学という観点から、地域の公共図書館との連携を模索している大学も出てきました。

現在の大学図書館の特徴としては、多くの大学でオンラインシステムが整っており、必要な資料や読みたい本がすぐ見つけられるようになっています。

また、近年学生の年齢層が非常に幅広くなってきているという特徴もあります。一度社会に出た後、大学で勉強する人が多くなっているからですが、この傾向は団塊の世代の退職に伴ってさらに拡大することが予想されます。

そのようなことから、大学図書館の役割は今後ますます重要になると思われ、大学図書館で働く図書館司書がそれを担うことになるのです。

図書館司書 資格 Guide

PageTop

図書館 司書の職場:学校図書館

図書館司書の職場、図書館。図書館といって公立図書館と同じくらい思い浮かべることが多いのは、学校図書館ではないでしょうか。

学校図書館とは、小学校・中学校、そして高等学校の学校内に設けられている図書館のことで、図書室という名前で呼ばれているところも多いですね。

学校図書館では、ただ子供が本を読むというだけでなく、子供の自立を促し、自主性を養うことや、情報教育をするといった役割もあるのです。そのため学校図書館は図書館であると同時に学習センターであり情報センターでもあると言われています。

この学校図書館の司書になるのは、現在少々大変な状況にあるようです。というのは、以前は学校図書館への図書館司書の配置は義務ではなく、自治体によって「学校図書館司書」が配置されていたところもあるのですが、平成15年に、基本的に「司書教諭」の配置が各学校に義務づけられたのです。

司書教諭は学校図書館司書と違い、司書資格だけでなく教員免許も必要なのです。そして多くの学校では司書教諭は図書館の仕事専任ではなく、学級担任を持ったり通常の教師の仕事もしながら、並行して図書館司書としての仕事もするという立場にあります。

学校図書館の役割は非常に大きなものがありますから、今後さらにより良い形を模索していってほしいですね。


図書館司書 資格 Guide

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。